アーカイブ | 11月 2016

  • クラミジアとHIV検査、個人輸入代行を活用して治療

    性行為によって感染が拡大する性行為感染症には多くのものが知られるようになりました。その中でも最も恐ろしいとされているのが根本的な治療法が未だに確立されていないものであり、代表的なものがHIV感染です。感染が起こると初期には発熱を伴う風邪のような症状が出てくるのが特徴ですが、その後に無症状期間が何年や何十年という長さで到来してしまい、初期症状を風邪だと思って見逃してしまうと本格的な発症が起こるまで感染に気づかないことがしばしばありますす。しかし、HIV検査の方法は確立されていることから、初期症状を見逃さずにHIV感染を疑って病院や保健所に行けばHIV検査を行って感染の有無を診断してもらうことができます。また、通販によって検査キットも手に入るようになっていることから、自分で検体をとって検査を行うこともできるようになっています。しかし、気をつけておきたいこととして、HIV感染が起こってしまっている人は他の性行為感染症を持っていることも多く、複合感染を起こしている可能性を疑った方が良いという点があります。クラミジアのように自覚症状があまりない性行為感染症もあることから、一通りの検査を行ってみて早期に治療を行ってしまった方が無難です。多くの性行為感染症については治療薬が存在しており、個人輸入代行を行うことによって手に入れることもできます。そのため、HIV検査キットを準備した際に、クラミジアなどの他の検査キットも手に入れて検査を行い、感染しているとわかったものに対して有効な治療薬を個人輸入代行で手に入れるということが実現できるでしょう。そうすることでせめて複合感染によって重症になることを防ぐことができます。